2005年06月01日

ハッピーエンドを探しに

心に空いた穴に風が吹き抜ける

大切な何かが欠けたから

パズルのピースみたいに

塞ぎ込んでちゃ何も動き出さない

メビウスの輪に囚われちゃいけない

動き出せば全てが動き出す

さぁハッピーエンドを探しに行こう

あてのない旅路に

どこにあるか分からない

ピース探しに

どんな困難が待ち受けようとも

ハッピーエンドで微笑もう
posted by てっちゃん at 02:37| Comment(2) | TrackBack(1) | 詩−こころ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私も以前パズルのピースの詩を書いたことがあります。
ココロに穴が空いてしまうことはあるけど、そこにはまるピースはきっとどこかにあって、それを探すのが人生のような気がしています。
またお邪魔させていただきますね^^
Posted by ぴよきち at 2005年06月01日 23:23
管理人のてっちゃんです。
ぴよきちさんどうもありがとうございます。
ぴよきちさんと同意見です。またピースは一つだけでは無い気がします。それが何かは分かりませんけど。
また、遊びに来て下さい^^
Posted by てっちゃん at 2005年06月02日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

歌物語 うつしみ三十九
Excerpt:    うつろひ いくさらを無きことにして經ぬる世も やうやく飽きてひた見む何そ と世のうつろひを見つめゐぬれは 聲かわれほほけ佇ちゐむ夢さまし  泡這ふ野良へ諸音ゆるぶ洲 先祖織り散り群れ招か..
Weblog: いろは 伊呂波 IROHA
Tracked: 2005-06-01 15:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。