2005年08月31日

君が君らしくあるために

君は逃げ出していないか? 
つまらない 出来ない 不安 プレッシャー 
まだ 他にもあるけれど 
何事にも楽しいって思える時ってあったはず 
きっとそれを忘れているだけなんじゃないかって 
思い出してごらん 
笑顔でいた時を 
感動できた自分を 
それが本当の君じゃない? 
初めて問題が解けた時 
初めて試合に勝った時 
初めて幸せを感じた時 
初めてを思い出したら 
また頑張れると思う 
失敗したっていいじゃないか 
それが君の糧になるのだから 
だから逃げないで 
君が君らしくあるために 
posted by てっちゃん at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−こころ | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

バカになって

満員電車に揺られて 
今日も会社に出掛けるよ 
くたびれた体に 鞭を打って 
仕事に追われ 帰りも遅くなっちまう
それでもがんばっているんだ 

たまの休みは家族のために 
家族サービスするよ 
くたびれた体に 鞭を打って 
子供にせがまれ 妻にいびられ 
それでもがんばっているんだ 

そんなんじゃ溜まっちまうぜ 
たまには自分のために 
時には頭の中を からっぽにしようぜ 
バカになってリセットしちまおう!

机にしがみついて 
今日もお受験戦争 
詰め込むだけで 手一杯 
つまらない 授業に目をこすり 
それでもがんばっているんだ 

親が望む道を進み 
今日も塾通い 
詰め込むだけで 手一杯 
自分自身を押し殺し 
それでもがんばっているんだ 

自分の道は自分で切り開け 
本当の自分をさらけ出せ 
時にはこころの中を からっぽにしようぜ 
バカになってリセットしちまおう!

自分の殻に閉じこもってないで 
時にはバカになろう 
きっと自分が見えるはずさ
posted by てっちゃん at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

見つからないけど

自分は何を目指しているのだろう 
自分は何を夢見ているのだろう 
分からないまま時だけが過ぎ 
季節はまた巡る 
自分は何を思うのだろう 
自分は何を感じているのだろう 
何気なく時だけが過ぎ 
歳を重ねる 
答えはまだ見つからないけど 
今を大切に 
今を正直に 
バカでいよう
posted by てっちゃん at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

生きる

ただ毎日を何気なく過ごす 
それでいいのだろうか? 
ただ何となく生きているでいいのだろうか? 
生きる意味を考えてみたことはありますか? 
私はいまだ答えは見つからないけれど 
生きていたい 
あなたにとって生きるってなんですか? 


(今年の24時間テレビのテーマです)
posted by てっちゃん at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−はてな | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

優しさってやつを

出逢って 別れて また出逢って 
怒ったり 泣いたり 笑ったり 
日々が流れていくよ 
東から昇り 西へと 沈む太陽 
青い空 白い雲 遙かなる水平線 
変わらぬ日常 
そんな中を生きている
こころはとても脆いものだけど 
人は傷付くたびに優しくなれる 
痛みを知るから強くもなれる 
一人じゃないから 
沢山の人が支えてくれるから 
だから薄っぺらな優しさを脱ぎ捨て 
本当の優しさを求めよう 
きっと分かる時が来るさ 
本当の優しさってやつを 
posted by てっちゃん at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

人だから

嬉しい時に喜び 
悪いことをしたのを観たら怒り 
悲しい時悔しい時は泣いて 
楽しい時に笑って 
そんな当たり前の日常が 
どんなにすばらしいのだろう 
それを忘れないように 
今を 未来を 
生きよう 
人だから
posted by てっちゃん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−こころ | 更新情報をチェックする

ちょっと旅に出てました

 長らくお留守にしてまして申し訳御座いませんでしたm(_ _)m
ちょっと自分を見つめ直すために九州まで行ってきちゃいました(゜▽゜*)ニカッ
今回の旅でいろんな事を考えさせられました。
それを詩に出来たらと思います。
また、今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m
posted by てっちゃん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

約束

あの日の約束を憶えているだろうか?
あれから時は流れてしまったけれど 
どこにいるか分からないけど 
いつでも呼んでくれ 
約束を守るために 

posted by てっちゃん at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−こころ | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

当たり前の日常

いつもと変わらない日常 
当たり前のように過ぎていく 
過ぎゆく日々の中 
当たり前がまた失われていく 
思い出だけがただ残る
posted by てっちゃん at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

さぁ街に出てみよう 
そこは静寂の世界 
君だけのステージ 
日差しの幕が下りるまで 
君は踊り続ける
posted by てっちゃん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

暑い…

現在、僕の部屋の温度は37度です。
冷房装置は扇風機のみです。
溶けてます。
風通し悪くて南向きは最悪です。
部屋を借りる時は気を付けましょう…
posted by てっちゃん at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

前へ

明けない夜はないから 
どんなに苦しくても 
星を道しるべに  
一歩ずつ歩いていこう 
朝が来たら笑顔でいられるから 


☆心に感じたらぽちっとらんきんぐ☆
posted by てっちゃん at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

白く

あの日の小さな僕は 
大人になれば なんでも出来ると信じてた 
幼すぎる僕は 
中途半端で 何も出来なかった 
いくら手を伸ばしても届くはずのない 
白い雲にあこがれて 
背伸びをしながら手を空にかざした 
きれいな未来を夢見て 
少しずつ大きくなるたび 
いろんな事を憶え 
少しずつくすんでいく僕がいる 
大人になれば なんでも出来るなんて 
ウソだと気付いた 
あの日の小さな僕は 
白く どこまでも白く 
いたかった 


☆心に感じたらぽちっとらんきんぐ☆
posted by てっちゃん at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩−想い | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

きらめく明星のように

君に逢えない時間 
淋しくないように 
がむしゃらに走っていた 
携帯の中でしか逢えない日々の中 
愛してるの言葉で頑張れた 
今は遠い昔の話 
茜色に染まる土手のてっぺんで 
ポケットに手を突っ込んで石ころ蹴飛ばし 
いったい何処へ向かうのだろう 
欲しい者はいつも画面の中にだけ 
手に入れても その手からこぼれ落ちる 
いったい居場所は何処なのだろう 
そんな俺に優しく風が撫でる 
明日は何処へ行くのだろう 
愛を探しに行くのだろう 
傷付きながら 転がりながら 
いつかまた 輝く日を 
あのきらめく明星のように 


☆心に感じたらぽちっとらんきんぐ☆
posted by てっちゃん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩−こころ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。